鑑賞会

2021年5月25日 (火)

オズのまほうつかい

Img_1972_20210525083801Img_1951_20210525083801Img_1952_20210525083801

<3劇場合同鑑賞会>
人形劇団むすび座「オズのまほうつかい」
5/22(土)18:00~
亀戸文化センター カメリアホール

 

いつも面白い舞台を見せてくれるむすび座さん。
今回も、みんなすごく楽しみにしていましたが、緊急事態宣言が延長になってしまい、、、
「オズ」はどうなってしまうの?!とずっとドキドキドキドキ…(˶°口°˶)

 

でも、「席数は規定の半分で!」という制限で開催することができました\( ˆoˆ )/
チケットはほとんど完売。直前まで奔走しっぱなしの劇場スタッフさん、カメリアのご担当者さま、ありがとうございました!

 

小学4年生コンビは、とっても上手な司会をしてくれました♪舞台で、たくさんのお客さんを前にちゃんと話せるなんてすごいな~(^o^)

 

むすび座さんの人形劇は、人形たちのイキイキとした動き、声、舞台の装置や小道具などが素晴らしいのですが、今回の「オズ」はそれに加えて、黒子である演者さん(=生の人間)たちが前に出る演出もおもしろく、「人形」だけの劇ではない、表現豊かな舞台でした。

 

ドロシーたちがエメラルドの都へ出発する時、テーマ曲にあわせて元気よく手拍子を始めた母娘がありました☆それに合わせて会場全体が大きな手拍子に包まれ…話の前半から温かな一体感を感じ、とても感動しました。生の舞台を、みんなで楽しむ喜びを改めて感じました。

 

「ぼくたちには、足りないこと、できないことがあったから、こうして新しい出会いがあり、嬉しいことがあったんだ」というメッセージに胸がジーン、、

 

むすび座さん、たくさんの感動をありがとうございました。また素敵な舞台を見せてください!

 

(投稿者:m)

 

2021年4月29日 (木)

国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバル 2021年3月

20210122052737768x48020210122083810768x48020210122083852768x48020210123094946768x480

例年、代々木のオリンピックセンターで開催される「子どもと舞台芸術大博覧会」が、今年度は、東京と長野の複数会場に分かれて開催されました。

 

感染症拡大の影響で、海外の団体は来日できなかったため、オンラインで海外の公演を観るという試みも取り入れられました!

 

普段なかなか見られない海外作品や、国内の珍しい団体もあり、とっても豊かなプログラムを見るだけでもワクワクし、どれを観るか決めるのに楽しく迷いました⭐︎

 

<参加された方の感想をご紹介します>

 

●劇団鳥獣戯画
「三人でシェイクスピア」
シェイクスピア作品全37作品を集約してお芝居にするという無謀ともいえる舞台。お話を知っている人はより面白く、知らない人もそれなりに楽しくみられるお芝居になっていました。舞台と客席が一体となって作られるお芝居でした。

 

●3ガガヘッズ
「3GAGAHEADS THE BODY TIGHTS MEN SHOW~ピクトグラムの大冒険~」
最初から最後までとっても面白かったです。たくさん笑い、満足して帰りました。全身タイツで33か国に笑顔を届けている、温かい素敵な二人組でした。

 

●東京演劇アンサンブル
「おじいちゃんの口笛」
演者さんの声がとても穏やかで心地よかったです。舞台の小道具や、シーンごとの雰囲気がとてもよかったです。おじさんと男の子2人の夜の森のシーンがとても美しく、心に残りました。

 

●オペラシアターこんにゃく座
「こんにゃくざのおんがくかい」
出演者は4人とピアニストでした。たくさんの曲それぞれに振り付けがあり、ドラマになっていて、1時間があっという間に過ぎてました。赤ちゃんも幼児も飽きずに見ていたのが驚きです。力量のある演者と演出のためでしょうか。こんにゃく座のファンになってしまいました!

 

(投稿者:m)

けんじサーカス

UnnamedUnnamed-1

2020年度の「参加・体験・感動!ふれあいこどもまつり」

 

3/20,3/21は亀戸文化センターでの開催でした

 

人形劇団ポポロ「人形劇 おばけいしゃ」
パントマイムシアター「観る!やってみる!パントマイム」
日本サロンコンサート協会「0歳からの・はじめてのオーケストラ」
劇団ぱれっと「けんじサーカス」

 

などなど、観るもの、聞くもの、体験するものと、色々な公演を楽しんできました♪

 

けんじサーカスは、宮澤賢治のお話、《猫の事務所・どんぐりと山猫・よだかの星》を見せてくれる舞台。
参加された方の感想です☆

 

宮澤賢治の3つのお話の中で特に『よだかの星』が良かったです。よだかが他の鳥たちにいじめられるところが悲しく辛いですが、よだかが空に向かって羽ばたいてゆくところがとても熱演でした。鳥に見えました。

 

(投稿者:m)

2021年3月14日 (日)

おじゃま猫とたまご

Image0_20210314141301Image1_20210314141301

2020年度の「参加・体験・感動!ふれあいこどもまつりがはじまりました!

 

昨年度はコロナのため、ふれあいこどまつりは中止となりました。今年度は、感染症対策を万全にして、子どもたちに舞台芸術を届けたい!と実行委員会をはじめ、東京都の担当者、創造団体、各地の子ども劇場で協力して進めてきました。

 

墨田・江東地区の初日が3/7(日)からスタート。江戸東京博物館で吉田水子企画「おじゃま猫のたまご」を見てきました。

 

《参加された方の感想》
ほんわかした雰囲気♪で「おじゃま猫」の歌が耳に残っています。
たくさんの楽器を使って、季節や風景を表現していて、生演奏を堪能できました。コロナの影響もあり、できませんでしたが、楽器体験があると良いなぁと思いました。
作品としては長く感じました。後半、飽きてしまっているお子さんもいました。

 

3/20、3/21は亀戸文化センターでの開催です
楽しみです(^O^)

 

(投稿者:m)

2021年2月18日 (木)

「わたしとわたし、ぼくとぼく」

Image0_20210218001401Image1_20210218001401

劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」
2月12日(金)北とぴあ
17時の回(19時の回もありました)

 

きたく子ども劇場さん主催の劇を見てきました。

 

セクシュアリティを主題にした劇ということで、小さな子どもたちに分かるかな?と思ったりもしましたが、せっかくの機会を逃すわけにはいかん!と行ってきました。

 

コロナの影響もあり、スケジュールがきつきつで、金曜の17時に王子!(゚o゚;;
子どもが学校から帰宅するとダッシュで駅に向かうという慌てぶり。でも、きつきつのスケジュールでも、多くの人に届けたいというきたくさんの思いがステキです。

 

自分はゲイである、と自認する主人公が、過去に戻って子ども時代の自分と向き合うお話でした。

 

お話は、想像していたよりも明るく、分かりやすく、たくさん笑えるものでした。
まわりの子どもたちも、とっても楽しそうに笑っていました。

 

そして、「セクシュアリティ」を越えた先で

 

「自分とは違う人も大切にしてほしい」
「どうか幸せになってほしい」

 

というメッセージが、願いが、伝わりました。

 

今、性のことで悩んでいる子どもたち、それを受け止めようとする親の気持ち、、どちらの思いも胸に響いて、あちこちから涙する声も・・

 

良いものを見せてもらったなぁ、、と余韻にひたりながら帰りました⭐︎

 

(投稿者:m)

 

2020年12月31日 (木)

オペラ アルレッキーノ

Img_0028Img_0029

きたく子ども劇場&こども劇場いたばしさんの鑑賞例会に参加させてもらいました!

 

12/26 オペラシアターこんにゃく座
「アルレッキーノ 二人の主人を一度に持つと」

 

オペラ・・・
セリフがちょっと歌になってるかな~と思って出かけましたが、とんでもない!もう本当に「ザ・オペラ!」でした!!

 

普通のセリフはほんのちょっと、ほとんどが生演奏に合わせて歌われていました。それが、すっと入ってくるくらい、素敵な世界でした。

 

「隣の小3息子はこの世界についてこれるのか、、」と開始早々不安になりましたが、、意外にじっとしている。お話は少し難しくても、歌や雰囲気を楽しめたようです(^o^)

 

お調子者の召使が巻き起こすドタバタ劇。出てくる人みんなが憎めないキャラクターでほっこりしました。

 

普段、なかなか見ることのないオペラ。生演奏に豪華な舞台。贅沢な気持ちになれました♪

2020年11月17日 (火)

鑑賞会「はれときどきぶた」

Kimg1153Kimg11551605435633707

江戸川子ども劇場主催
2020年11月15日(日)14時開演
江戸川総合文化センター 展示室
人形劇「はれときどきぶた」ひとみ座

 

お出かけ鑑賞会です。

 

子どもも大人も楽しい鑑賞会。
劇中にギター弾き語りでボサノバが流れます♪癒されながら、アハハハハと笑いあり(^o^)/
ほのぼの~~~した時間を過ごしました。

 

感想に、「どこにでもある家族の雰囲気!」と。ウンウンあるある!親近感がわきました。
いろいろと不満があっても(あ、うちはないですけど、、、家族が読んだらヤバいのでそーゆーことにしておいてと?)
やっぱり家族っていいな。。

 

《投稿者:n》

2020年10月 4日 (日)

人形劇 エルマーのぼうけん

Image0_20201004191702Image1_20201004191702Image2_20201004191702

9/27(日)北とぴあ
人形劇団プーク
エルマーのぼうけん

 

きたく子ども劇場さんの主催の人形劇「エルマーのぼうけん」に参加してきました!

 

ネコ、ライオン、サイ、ネズミ、ワニ、イノシシ、、などなど動物がたくさん出てきて小さな子どもたちも大喜びしていたと思います⭐︎

 

今回は2階席からの観覧だったのですが、演者さんたちの動きが良く見えたのも新鮮でした。

 

コロナのことがあり、終演後に人形さんたちとの触れ合いがなくて残念だったのですが、代わりに、舞台の上に人形さんたち勢揃いで、どんな風に人形さんを動かしているのか?などの裏方部分を見せてもらえました♪

 

会場は、エルマーにちなんだ飾りつけや、塗り絵なども用意していただき、とっても賑やか。

 

竜にのって記念撮影もしてきましたー⭐︎

 

(投稿者:m)

2020年8月21日 (金)

うたと砂絵のコンサート「とりのうた」

Image0_20200821080301

2020年8月11日(火)18:30開演
タワーホール船堀 小ホール
~うたと砂絵のコンサート~「とりのうた」

 

江東子ども劇場と江戸川子ども劇場。2劇場合同鑑賞会。そして子ども劇場首都圏ツアー作品です。

 

江東子ども劇場の主催鑑賞会、いつぶり???もう、思い出せないくらいの久しぶりの主催鑑賞会です。

 

そして、5月ティアラこうとう小ホール予定が→8月に→会場変更に。。。
その間には、もうムリ(*´;ェ;`*)かも?中止?声も上がり、それでも。。。何とか、
コロナ対策で定員は半分。家族以外は座席をあけて。マスク着用。消毒。換気。クラスター発生時に連絡してが取れる観客動員つまり会員のみ。
すべて出来る限りの対策を取り開催できた!多分一生の思い出に残る!鑑賞会です!

 

あーーー、こんなに大変な紆余曲折でたどり着いたので、、内容が素晴らしくってホントに心から良かったぁ~ホッ。

 

そして、改めて生の鑑賞会は素晴らしい!自粛期間の中で配信で沢山の映像を観ていましたが、生は身体全体で感じますねぇ~~~。演者と観客のやり取り、そして、その場でしかわからない雰囲気。ウンウン、ライブ!live!
そう、心から思った鑑賞会でした。
あーー。普通にlive щ(´Д`щ)カモ-ン

2020年8月13日 (木)

首都圏ツアー とりのうた

Image0_20200813164701Image1_20200813164701Image2_20200813164701

開催あやぶまれた「とりのうた」ですが、皆さんのご尽力あって上演の運びとなりました!!

 

とても楽しみにしていたパフォーマンスでしたので、やっと観ることができて、とても嬉しかったです⭐︎

 

ボイスパフォーマンスと砂絵。
文字にするとイメージが湧きにくいかもしれませんが、観てみて、その世界観にうっとり、、
一度しか見ることのできない、はかない砂絵と美しい歌声の世界に吸い込まれるようでした。
手元で作られ、変化していく砂絵が、セピア色の映画を見ているようでした。

 

ボイスパフォーマーの中ムラサトコさんと、サンドアートパフォーマーの田村祐子さん。お二人の新しい演目がまた観られる日を楽しみにしています!

 

開催に至るまで、何度も打ち合わせをしたり、会場とのやり取りを重ねてくださったスタッフの皆さんに感謝です。感染症対策もしっかり考えてくださり、安心して観ることができました。

 

今後、子どもたちをめぐる環境がどうなっていくかまだ見えて来ませんが、このようにして素晴らしい文化に触れる感動を忘れたくない、と改めて思いました。

 

(投稿者:m)

 

無料ブログはココログ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31